非常食のご飯はおいしい?賞味期限切れになったら?他に必要なものは?

非常食で有名な尾西のアルファ米を食べてみました!
震災の後、何気なく買っておいたのですが、賞味期限切れ間近になって、もったいなかったので
食べてみようと思ったのです。

賞味期限、だから消費期限まではまだあるじゃんって思いつつ、
防災の日も近いし一度食べてみようってことで、お昼ご飯にしてみました。

非常食のごはんっておいしいのかな・・・念のため買ったけど非常時に食べると思ってるし、それなりに値段はする気がして、味見っていう概念がありませんでした。

いざって時の心構えのために?!試食してみました。
今回食べたのはエビピラフです。

スポンサーリンク

非常食のご飯は美味しい?まずい?

非常時においしいもまずいも言ってられないような気がしますが、
やっぱりおいしいほうがいいですよね。

気になっていたアルファ米が賞味期限が近付いて、
食べ物に変わりはないし、みすみすダメにしてしまうより、この機会に試してみないわけはありません!
賞味期限がなきゃ試しませんでしたが・・・

なんならちょっとだけ、消費期限まで非常食として持っておこうかなんてけち臭い気持ちがわかなくもなかったですが、消費期限は書いてなかったので辞めました(笑)

パッケージを開けたらスプーンと調味料と脱酸素剤が。

これらを取り出して、調味料を入れたらよくかき混ぜるとあったので、
かき混ぜてお湯をいれ15分。

広げてみると、ちまきを連想させるまとまった感じの出来上がり。


上の方をすくって食べてみたら、想像していたより硬いというかパサついているというか。
作り方には書いてなかったけど、出来上がってから混ぜてみました。
硬さは均一になった気がしますが、食べていったら底の方はしょっぱくなってきました!

調味料を入れた時点か、出来上がった時点でもっと混ぜればよかったです。
または、調味料は最初は少なめに入れて、あとから調整すればよかったかもしれません。

でもエビも乾燥していたとは思えないほど食感は柔らかかったし、
全体的にはおいしほうなのではないでしょうか?

非常食だけありまずいなんていうと罰が当たるんじゃないかと思ってなんとなく言えないけど、
すごくおいしくはない!
でも、アルファ米でここまでおいしかったらありなのかなあ、と思いました。
すごくおいしかったら、日常でもインスタントラーメンのように食べていると思うので、
それが基準です。

でもこんなもんだ、と思って食べておくのはおすすめだなと思いました。
それに、災害じゃない日常のご飯がありがたく思えましたし・・・

非常食用ご飯と賞味期限

試しに食べておいて、とは言っても、なんだかちょっと日常で食べてみちゃうのは惜しい気もしますよね。

我が家ではなんとなく買ったものだったのと、たまたま見返して消費期限切れするよりはと食べましたが、
1~2個買っておいて賞味期限が来たら食べてみようかな~なんて買っておくのもいいかもです。

1個300円弱くらいなので、カップラーメン2個弱分というところです。
カップラーメンは半年で賞味期限が切れちゃうので、
アルファ米だったら5年~持ちますので、お得だと思います。

今回賞味期限ぎりぎりで食べてみましたが、もちろん全然問題なし。
この様子なら、賞味期限切れても全然平気じゃないかなって思いました。
非常時にはないよりましかもしれませんが、自己責任で食べましょう(笑)

スポンサーリンク

非常食のご飯と水について

非常食ご飯を買って置くときについでに揃えておきたいのが、お水です。

アルファ米は、お湯だと15分、お水だと60分で食べられるようになります。
でもどっちにしろ、水がないと食べられないです。

今回、当たり前のようにお湯を沸かしましたが、そのときに「あ、お水がないと成り立たない非常食なんだ」と思いました。
水道が止まるとか、水は出てもきれいな水が出ないとかなにかあったら困るので、お水も一緒に揃えておいたほうがいいですね。

備蓄水はこちらから!

まとめ

非常食用のご飯は、そんなにお値段するわけじゃないので、買ってみて、
消費期限が近付いたら食べてみること!
お水が必要だなと思ったり、付属のスプーンが意外と使いづらくて
手が汚れるからウェットティッシュが必要だなとか、
自分には味が濃いから実際の時は調味料は少なめに入れようなどなど、
いろいろ気が付くところがあります。

非常時じゃないとおいしくかんじないかもしれないけど、
作り方だったり、味見して見たりして、災害時のことに思いをはせるいいきっかけになったと思いました。

災害が怒らないことが一番ですが、備えあれば憂いなしなので、
是非、準備してみてくださいね。

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ