結婚式のご祝儀 甥の披露宴に夫婦で出席した場合の相場は?遠方だったら?

地方出身で都会で就職し、結婚した甥や姪の披露宴に招待された場合、
ご祝儀をいくら包んだらよいか悩むところです。
特に遠方から参加する場合は、往復の交通費が必要になります。

甥の結婚式、披露宴に夫婦で参加した場合のご祝儀の相場は?
お車代が出ない場合は?
ここでは、体験談からご祝儀の相場を報告します。

スポンサードリンク

結婚式のご祝儀 甥の場合 夫婦で出席したら相場は?

一般的にはお車代がかからない近場の結婚式に参列する場合、
叔父(伯父)、叔母(伯母)のご祝儀は5万円がもっとも多く、続いて10万円、3万円となります。

夫婦で出席した場合はおよそ倍の金額を考えればよいでしょう 。
ただ、地域に寄る違いもあります。

首都圏、東海地区などは1人当たり5万円が相場。
北海道や九州などは3万円が相場という感じです。

結婚式のご祝儀の相場 式が遠方だったら

お車代の話がないなら、お車代は考えずにご祝儀を包むのがベターです。

これらを踏まえて遠方から参加する場合を考えます。

例えば、甥っ子さんが東京で披露宴を行う予定で、九州から出席するケース。
飛行機の普通運賃で移動したら、往復で7~8万円かかりますから、ご祝儀よりもお車代の方が高くなってしまいそうです。

先方から事前にお車代を全額負担するという話があれば、
都合の良い日時だけ指定して、飛行機のチケットを先方に発券してもらい、それを受け取れば問題 ないでしょう。

この場合、1人当たり5万円(夫婦なら10万円)が妥当です。
上記、近場でのご祝儀の相場がそのまま当てはまります。

問題は「お車代は出せませんが・・・」と先方から言われた場合です。
この場合は「お車代はないもの」と考えます。参列するか、それとも・・・・。
とはいえ、かわいい甥のためなら参列したいと考えるものですね。
この場合は1人当たり5万円または3万円で問題ありません。
どこまで出してあげたいかは甥っ子さんへの気持ち次第でしょう。


スポンサードリンク

結婚式のご祝儀 甥っ子側の体験談

後日、両親が伯父、伯母に気持ち程度のお車代を支払った知人の体験談

以下は筆者の知人の体験談です。
知人(甥)は披露宴に遠方から伯父、伯母(夫婦)を招きましたが、「基本的にお車代は出せません」という旨を自分の両親から伯父、伯母に伝えてもらいました。

伯父、伯母の住む地方では夫婦で甥、姪の披露宴に参列した場合(お車代がかからない近場)、夫婦で5万円が相場でした。
このルールがそのまま適用となり、実際のご祝儀は夫婦で5万円でした(1人ならば3万円)。

決して多い金額とはいえませんが、1人数万円の交通費(飛行機)がかかっていることを考えれば伯父、伯母の負担はそれなりのものだったとは思います。

披露宴が終わった後、知人は「伯父、伯母からのご祝儀がいくらだったか」を両親から尋ねられ、夫婦で5万円だったことを
伝えると、両親は後日「気持ち」として伯父、伯母に1人当たり1万円を支払ったとのことでした。

まとめ

お車代については事前に確認しておいた方がベターですが、お車代をあてにして遠方の披露宴に参加するのも
好ましいとはいえません。

甥の晴れ姿を見たいという気持ちがあれば、お車代は考えなくとも行きたいと考えるのが、伯父、伯母の立場ではないでしょうか。
知人のように「お車代は出せません」と伝えながらも後日、一部を負担してくれるケースもあります。

むしろ、普段行かない場所への旅行を楽しむ気持ちを持って披露宴に参加し、ご祝儀は相場の額包むのが良いでしょう。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ