江戸川区保育園申し込み 私立は入りやすい?利用調整指数と優先順位

江戸川区の保育園入園申し込み私立1回目が終わりました。

次は12月17日(木)から、区立と私立2回目の募集が始まります。

江戸川区在住、上の子が私立保育園に入れた経験から、

私立保育園の入りやすさと、江戸川区における指数についてを考察しました。

江戸川区保育園を申し込み 28年度は?私立か区立か

スポンサードリンク

江戸川区保育園 私立は入りやすい?

筆者の上の子は1歳から私立に入園しています。

両親ともフルタイムなので、利用調整指数の基準指数で100点(50+50)での応募です。

祖父母は遠方でしたが、ほかに加算される点数(利用調整指数)など有利な条件はなく、

入れるかドキドキでした。

 

入園してふたを開けてみたら、フルタイムじゃない人も結構いる雰囲気です。

同居の祖父母がお迎えにきているのかな?という子もいたり。

普通に考えたら、選考では不利じゃなかったのかな?と思いました。

 

必ずしも人気がない園というわけではないと思うのですが、

主要駅の駅近くなどの激戦区ではないこと、

区立から私立に変わる初年度の園だったということで、様子を見る人が多かったのかな?

これらの条件が重なって、少し競争率は低く、穴場だったのかもしれません。

車で保育園に送り迎えをしている方もいらっしゃいます。

多少、条件面において妥協しつつも申し込んで、無事に入園できた人もいたのだろうと推測されます。

江戸川区保育園 利用調整指数点数と優先順位

江戸川区の保育課に問合せをしていくつかなるほど~と思った点を書きます。

1.利用調整指数
2.調整指数
3.総合調整指数

という3段階の点数のつけ方があるということ。

 

まず1.利用調整指数は、勤務状況、生活・健康状況についての点数で、
月20日、一日7時間勤務で両親働いている家庭がもっとも点数が高いです。

いわゆるフルタイムで両親ともに50点がつきます。
勤務時間が短くなれば、点数は45点、40点・・・と点数は低くなります。

 

次に2.の調整指数では、

例えば希望保育園に兄弟姉妹が先に入っていると+6点加点があります。

でも育児休業中に兄弟姉妹が一時退園していたら、もう一度入る子は+10点、
その弟妹はやはり+6点。
他には、同居の祖父母がいて無職だと-6点など。

この中で一番優遇されているのは、兄弟姉妹の6点です。かなり大きいと思います。

江戸川区の配点は他の区と比べて大きいので、両親フルタイムで上の子が保育園に入園していれば、
下の子は高い可能性で入れると思われます。

 

一時退園すれば、+10点と有利ではありますが、せっかく入った子を退園させるのは
子供の環境面においても、また育児の負担軽減の面においても現実的ではないような気がします。
(保育料を節約したいと考えるママさんにとっては意味はあります)

スポンサードリンク

 

埼玉県所沢市で母親が育休中の子が強制退園になって裁判になったニュースがありましたが、

子供は結局、通園できることとなったことからも、世の中の流れとしては通園継続のようですし、
周囲で育休中に自主的に退園した人は聞いたことがありません。

 

3.の総合調整指数はぱっと見て曖昧です。

「自動福祉等の観点から特に調整が必要とされた場合」の点数で、+1~+30とあります。
これってかなり差がありますよね。

3.総合調整指数に関するのかわかりませんが、

指数が同点の人の入園できるできないのラインは?と聞いたら、

経済状況が困窮しているとか、そういうことらしいです。

例えですが、同点の人では世帯年収が低い方が優先されるそう。

他に、通勤時間を含めた拘束時間の長さなどとおっしゃっていました。

基本的には勤務時間だけで見るが、同点の人がいた時に、通勤時間も考慮するとのこと。

これが総合調整指数のことを指しているのかまでは名言していませんでしたが、
たぶんそういうことなのかな、と私は受け止めました。

 

江戸川区はほかの区と比べて良くも悪くも平等。

例えば、調整指数のところ、他区だったら「○○の職業だったら+10点」など設けられているところもあるが、

江戸川区はそういう項目はありません。外勤であろうが自営業であろうが何の職種であろうが同じです。

 

区立と私立においても、上記の指数適用は基本的に同じです。

唯一違うのは保育ママに預けて職場復帰した場合、区立では+1点が加点されることです。

兄弟の加点がなく(第一子入園)かつ区立を希望している場合は、保育ママにお願いする手もありますが、

保育ママは保育時間が制限されていることや、保育ママがお休みのときは親も仕事を休まなければならないなどのデメリットがあります。

 

まとめ

保育園に入れるために、私立か区立悩んでいる方もいらっしゃるかと思いますが、

個人的には自信を持って、私立保育園に申し込んで良いと考えます。

区立と私立の両方を見て、特段、保育サービスに違いがあるとは考えられないからです。

江戸川区保育園 区立の見学体験!私立と区立の違うところは?

繰り返しになりますが私立第1回の結果は12月です。

区立は12月申し込み、2月結果発表なので、年を越しても保育園の心配をしなくてはなりません。

私立で決まれば落ち着いて入園準備ができます。

区立に行きたいために第1回目の私立の選考を見送るのは危険です。

 

特に両親ともフルタイムでない場合は、かなりの激戦が予想されます。

私立に必ず申し込んでおきましょう。

なかでも区立から私立になったばかりの園は様子見の雰囲気がありますので、

狙い目といえるかもしれません。

江戸川区保育園を申し込み 28年度は?私立か区立か

スポンサードリンク

One Response to “江戸川区保育園申し込み 私立は入りやすい?利用調整指数と優先順位”

  1. […] 江戸川区保育園申し込み 私立は入りやすい?利用調整指数と優先順位 […]

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ