ウイルス性胃腸炎で食事はいつから?良い食べ物は?治るまでの記録

ウイルス性胃腸炎は会社を休むべき!治療は?食事は?治るまでの期間は?
妊娠中の胃腸炎 胎児への影響は?症状は?病院や薬は?

年末に差し掛かかり、1週間ほど下痢が続いていました。

1回良くなったりもしたのですが、ご飯を食べたあと、ぎゅーっとお腹が痛くなり、下してしまいます。

休みになる前に病院に駆け込みました。

お医者様曰く、おそらくウイルス性胃腸炎にかかって、一度治りかけて、再度悪化したのではないかとのこと。

「あまり寝てないね」と・・・心当たりがありすぎます。

診察で受けた食事指導と、過去にもウイルス性胃腸炎にかかった時の経験から、

食事はいつから食べていいのか、食べて良いもの、悪いもの、効率の良い水分の取り方をお伝えします。

スポンサードリンク

ウイルス性胃腸炎になったら食事はいつから取っていい?

ウイルス性胃腸炎で食事を阻むものは、
・食欲がない
・吐き気がする
・胃が痛い
・食べても下痢をする
といったところではないでしょうか。

ウイルス性でもそうでなくても、胃薬と整腸剤をもらい、食事に気を付けて快復を目指すのは一緒です。

食事はいつから取っていいのかですが、食欲があればいつでも食べて大丈夫です。

筆者がかかったお医者様は、水分をたくさん取ることと、
「ちょっと無理しても食べないと、体力がつかないから快復が遅くなるよ!」
とおっしゃっていたくらいです。

問題は時期ごとの食事内容です。

初期の頃、少しよくなってきた頃で食べていいもの、食べてはいけないものを注意し、量を腹八分にすることが肝心です。
(下記の「ウイルス性胃腸炎の時の食べ物は何がいい?食べてはいけないものは?」を参照)

逆に無理して食べなくても良く、そのときは水分だけ頑張って取りましょう!
(下記の「ウイルス性胃腸炎の時は水分は何で取る?」を参照)

ちょっとでも食欲が出てきたら、一口ずつでもいいので食べてみましょう。
そして、お腹がくだらなくなるまで、食べるものは慎重に選びましょう。
下痢がなくなっても、すぐに通常の食事に戻さないで、徐々に試しましょう。

そうしないと、筆者のように治りかけてぶり返します。
前回はその繰り返しで、胃痛と下痢が完全に止まるまで1ヶ月くらいかかりました。

それまで、美味しいものを食べてはぶり返して質素な食事にもどる、とやっていたので大変でした。
会社のお昼休みにランチに行くこともできず、短期間だけ我慢すれば長引かなかったのにと悔やみましたよ。

ウイルス性胃腸炎の時の食べ物は何がいい?食べてはいけないものは?

初期の段階

食べていいものは、
・米
・少量の白身魚(おすすめは鮭やしらす)
・おせんべい
・のり
・お餅(お正月前だったので・・・)

食べてはいけないものは、
・チョコレートや香辛料など刺激物、アルコール類(当たり前ですね)

・小麦、小麦製品
→小麦グルテンは消化に悪い!意に負担がかかる!

・野菜やフルーツすべて
→セルロースは人間が消化できないものだから胃が痛い時は食べないで!

・乳、乳製品
→乳糖が胃腸に負担になる

・牛、豚、鳥、青魚
→油が多いもの

という厳しさ。理由は忘れましたが卵もダメと言われました。

筆者のかかりつけ医は、病気の時の食事にはこだわりのある方です。
ここまで厳しいと戸惑いますが、初期の頃は食べられるものが迷わなくていいかなと思います。

簡単なのは「鮭おにぎり」とか「しらすご飯」ですね。
おにぎりはコンビニでも買えますし、コンビニおにぎりなら「塩むすび」もあって、筆者はそればかり利用しました。

この食事で3日、長くて1週間ほどかかるかもしれませんが、様子を見ましょう。
口さみしい時は、おにぎりをもう一個追加するか、揚げていないおせんべいで乗り切りましょう!

初期が肝心です。間違えると、筆者のように症状がループして長引くことに。
後悔しました・・・。

次の段階

食欲があったり、症状が少し軽いようなら、一般的に消化の良いとされている次の食品をちょっとずつ挑戦してみましょう。

・うどん
・柔らかく煮た野菜
・柑橘系など酸味がないフルーツ
・生でない卵

この段階ではまだ食べないほうが良いものは
・辛いもの、甘味の強いもの
・揚げ物、油の多い炒め物以外
・生のもの
・繊維の硬いもの(ごぼうやたけのこなど)

食べられるようになるとぱくぱく食べてしまいますが、そこでなんでも食べてしまうとまだ完全でない弱々しい胃腸があっというまに悪化して、不調をぶり返します。

朝からカツ丼を食べられると豪語していた筆者でさえ、油断して即普段通りの食事に戻したら、また苦しみが戻ってきました。
胃腸炎は、まさに炎症なのですね。

食べられるようなったら、まずは3日間、油断せずに消化のいい食事を意識することをおすすめします。

その後、


・炒め物や油の乗った魚をちょっとずつ

・揚げ物やカレー、クリーム系の料理

・通常の食事

と、このように慎重すぎるほどちょっとずつ、通常の食事に戻して行きましょう。


スポンサードリンク

ウイルス性胃腸炎の時は水分は何で取る?

ウイルス性胃腸炎の時は、下痢をしますので、とにかく水分を取ることが大事です。

OS-1という経口補水液が最適です。
ただ、たくさん飲もうと思うと・・・ドラッグストアや薬局で販売されていますが、値段がお手頃とは言えません。

ポカリスエットやアクエリアスなどのスポーツ飲料を3倍に薄めて飲むのがおすすめです。

なぜ薄めて飲むのか

食事が取れない時は、食品から取るはずの水分も取れないことになるので、余計に飲み物から取るように意識しなければなりません。

その時に、飲み物も、胃腸に負担が掛からないようなものを心がける必要があります。

甘すぎるもの、柑橘系のジュースは胃腸に負担がかかるので避けます。

なおかつ、食事で取れないカロリーも少しでも取れたほうが良いです。

スポーツ飲料も、清涼飲料水ですから、胃に負担がかかります。

また、薄めて飲む方が、濃いままよりも体に吸収されやすいちょうど良い濃度になります。

量も3倍になるし、費用対効果は抜群になります。

また、お湯で割ると暖かいし、口当たりもよく飲みやすくなり、いいことだらけです。

まとめ

胃が痛くても下痢をしても、食べ物でエネルギー補給をしなければいけないので悩ましいですが、最初はとにかく鮭おにぎりで乗り切って、症状が軽くなるまで辛抱しましょう。

症状が軽くなってからも油断は禁物で、胃腸にやさしいものから徐々に慣らしていく・・・と段階を踏むことがポイントです。
そこをすっとばすと、また胃腸炎からやり直す事に。

最短で治せるように、最低でも1~2週間かけて様子を見ましょう!

はやく治りますようにー!

スポンサードリンク

One Response to “ウイルス性胃腸炎で食事はいつから?良い食べ物は?治るまでの記録”

  1. […] ウイルス性胃腸炎で食事はいつから?良い食べ物は?治るまでの記録 […]

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ