七五三の着物のたたみ方(三歳)保管方法は?クリーニングの相場は?

七五三のお参りが終わり、着物は大切にしまいたいものですね。

まずは脱いだあと、シワを伸ばし、乾燥させるために、ハンガーにかけておきます。

それから、三歳の着物の場合、「夜着だたみ」をして箱にしまいます。

箱にしまう時の着物のたたみ方について、写真付きで解説します!

本格的にしまう時の保存方法は?

クリーニングに出すなら、料金の相場はいくらくらいなのでしょうか?

スポンサードリンク

七五三の着物のたたみ方 三歳の着物の場合

着物を、平らな場所に広げ、整えます。

下前見頃(着た時の右側)、上前見ごろ(着た時の左側)の順に折りたたみます。

IMG_2746IMG_2747

 

次に袖を折りたたんだあと、裾を、袖の裾の長さのところで折りたたみます。

IMG_2748

 

 

さらに半分に折りたたみます。この形で、箱へ収めましょう。

IMG_2749

 

七五三の着物 保管方法は?

七五三の着物の保管は、箱にしまって防虫剤などを添えます。

 

ただし、ここで注意が。

七五三の着物は着用時間が短かったりして綺麗に見えますが、

お食事などをしたなら、どこかに食べ物のシミなどがついている可能性があります。

ちょっと着ただけでも、汗なども染み込んでいます。

そこで、本格的に保管する前に、クリーニングに出すことをおすすめします。

 

七五三の着物はその後、娘さんが成人するまで取って置いたり、姉妹や親戚に回ったり、売ったりすることになります。

長い期間放置しておくことや、誰かに譲ることを考えて、

一度着ただけでもきちんとクリーニングに出しておきましょう。

あとでシミになって取れなくて後悔する、なんてことも防げますよ。


スポンサードリンク

七五三の着物 クリーニングに出すと相場は?

七五三の着物は、三歳の場合、着物と被布の組み合わせが多いと思いますが、

素材がポリエステル製の場合、相場が2,500円前後です。

そんなに高い値段でもないので、後悔するより、プロに頼んで洗っておいたほうが良いですよね!

 

まとめ

着物は脱いだら一旦ハンガーにかけておき、

丁寧にたたみましょう。

できるだけクリーニングしてから、長期保管しましょう。

七五三の思い出は綺麗にとっておきましょうね♪

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ