インフルエンザ予防接種は授乳中でも大丈夫?どこで?値段は?

インフルエンザの季節になりつつありますが、秋~冬生まれで1歳になる乳児を抱えるあなた。

インフルエンザの予防接種を受けようか迷っていますか?

授乳しているんだけど、インフルエンザの予防接種って受けても大丈夫なのかな?

授乳中でインフルエンザの予防接種を受けることを迷っている時に

知ってほしいことをまとめました。

スポンサードリンク

インフルエンザ予防接種は授乳中でも大丈夫?

インフルエンザの予防接種は授乳中でも大丈夫です、安心して受けてください。

インフルエンザワクチンは不活化ワクチンです。

不活化ワクチンは体の中で増殖することはないですから、

母乳にウイルスが出ることもないし、赤ちゃんにも伝染りません。

 

筆者もこの冬、1歳になった赤ちゃんがいて、授乳中ですが、

インフルエンザ予防接種を受けてきました。

迷いなく受けた理由は、過去の体験によります。

上の子が1歳直前の時、母子でインフルエンザにかかってしまいました。

 

あまり外出をしない方だったのと、父親はインフルエンザ予防接種を受けていたので、

家庭内にウイルスを持ち込む人がいないから大丈夫だろうと思っていたのですが、

年末年始に親戚一同で挨拶したときに、ほかの大人からウイルスをもらってきてしまったのです。

(その親戚の中から、のちにインフルエンザになったと連絡がありました)

 

親子で一緒に小児科に駆け込むと、赤ちゃんについては、1歳じゃ薬は飲めないよとのこと。

私はリレンザを吸入しましたが、自分はぐったりしているのに

子供は高熱で顔が真っ赤でもじっとしておらず、元気で相手をするのがとても辛かったのを覚えています。

 

 

また、授乳しているのですから、薬を飲むのに抵抗が出ます。

タミフル、リレンザ、イナビルなど、母乳には出ないかごく少量しか移行しないと言われているので、

心配はないと思いますが、不安は0ではないし、薬を飲むことになるともやもやすると思います。

だったら、予防しておいたほうがいいなと思ったので、迷わずうけることにしました。

授乳中のインフルエンザ予防接種 どこでうける?

授乳中の方は、インフルエンザの予防接種は小児科でお子さんと一緒に受けることをおすすめします。

一般の内科では、ほかの病気の人と待合室が一緒になるのも、風邪などもらってくる可能性もあり怖いですよね。

 

小児科でも、大人が診てもらえるのです。

そして、小児科の予防接種は、病気の子が診察をうける時間帯と分けられていることが多いので、

病気に感染するリスクが減りますよ。

 

かかりつけの小児科に問い合わせて、大人も一緒にインフルエンザ予防接種を受けられるか聞いてみましょう。

他には、婦人科も、病気できている人が少ないのでおすすめです。


スポンサードリンク

インフルエンザ予防接種の値段は?

インフルエンザの予防接種の値段は、2015年から4価ワクチンになったのでちょっと上がりました。

1回3,000円~5,000円が相場のようです。

 

我が家では、子供がいつもお世話になっている小児科が一番安かったので、大人もそこで受けました。

子供は2回受ける分、大人より1回が安くなっているところなどいろいろあります。

電話して、情報収集しましょう。

まとめ

授乳中でも、インフルエンザ予防接種は受けておきましょう!

この季節は、別の症状で病院に連れて行ったら、

インフルエンザをもらってしまった・・・となる可能性もあり、

本当に油断できませんよ。

 

予防接種を受けておけば、かかっても症状が軽くて済むとも言われています。

ご家族でよくご検討下さいね^^

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ