花粉情報東京 2016年ピークは?いつまで?アプリ活用

2016年、新年が明け、暦上の春の訪れとともに花粉症シーズンがやってきます。

2016年の花粉症情報は、2015年10月に気象庁から発表があり、

全国的には東北を除いて例年比よりやや少ない~少ないとのことです。
(例年比・・・過去10年の平均との比較)

東京の予測を早めにチェックして、早めの対策を取りましょう!

関東の人なら、10月~年末までに対策を開始することがおすすめです!

スポンサーリンク

花粉情報東京 2016年いつから?ピークは?

東京の花粉情報は2016年は、前年比ではほぼ同じくらいの100%の量、

例年比だと、やや少ない量であるとの予測です。

 

スギ花粉は、東京では1月上旬から飛散し始めます。

飛び始めはごく微量ですが、1月末には本格的に飛ぶようになり、

2月上旬にはすでにピークに差し掛かります。

花粉情報東京 いつまで?対策は?

花粉が飛ぶのはいつまででしょうか?

ピークが過ぎるのはスギ花粉の場合は4月末、6月初旬までには飛散量がだいぶ収まります。

花粉が飛んでいるときは対処療法しかありません。

●花粉を避ける
・外出時にマスク、眼鏡、手袋、上着を着用する
・花粉を避けるスプレーなどを吹きかけておく
・帰宅したら、身に着けていたものを玄関前ではらってから入室する
・帰宅後、なるべく早く入浴・洗髪など花粉を洗い流す
・布団・洗濯物を外に干さない
・空気清浄機などで花粉を排除する

●食事
・ポリフェノール
アレルギー反応を起こすヒスタミンを抑える効果
・ヨーグルトなどで乳酸菌
体内の免疫のバランスを整える効果

これらの食品を意識して摂取する

●体調管理
・疲れやストレスをためない
・睡眠を十分にとる
・規則正しい生活を送る

スポンサーリンク

●薬
・アレルギーの薬を処方してもらう
・市販薬を飲む
毎日のことなので忘れないようにする

 

このほかに、「来年のシーズンために備えておく」ことをおすすめします。

花粉症の日記や、メモを残しておきましょう。

自分が花粉症の症状が出る時期を把握して、時期やパターンを記録しておくのです。

花粉症がスギ花粉だけに反応しているのかわかりますし、

スギ花粉が飛散していない時期に、来シーズンに向けて、

花粉症の治療を開始するのに役立ちます。

花粉情報東京 2016年はアプリ活用でチェック!

花粉情報をアプリでこまめにチェックして、外出に備えましょう。

●iPhone
花粉チェッカー

●Android
花粉ブラウザ

あなたの街の花粉情報

まとめ

2016年東京は昨シーズンと同じくらいの花粉量との予測でした。

(2015年10月の気象庁からの第一報による)

早め早めの対策が花粉のピークを乗り切ることにつながります。

お正月が終わったら、花粉症対策を意識して生活をしましょう。

 

また、今年がひどくても、来年の対策を考えて記録を付けましょう。

そして、今年のシーズンが終わるころになったら、

来シーズンの症状を軽減するためにも、早めにお医者さんに相談しておきましょう。

 

治療が終わるまでに数年かかる花粉症対策ですが、

毎年繰り返すより、治療開始していればすぐ次のシーズンから前年よりは症状が軽くなる場合もあります。

花粉症の症状でストレスを溜めないように、思い立ったら即対処・相談をすることをおすすめします!

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ