夫の不倫は探偵無料相談を利用!怪しい、浮気かも?証拠集めを

クリスマスやバレンタインは浮気をする人がとても忙しく行動します。

こういうイベントを、不倫相手とも過ごす必要があるからです。

自分の夫が、「誰かの彼氏」でもあるかもしれない。

楽しいイベントの時期に、こちら浮気だ不倫だと余計に心が苦しいですね。

でも逆に、動きがあるときにこそ証拠を突き止めるチャンスです。

問い詰めたら喧嘩になる、離婚になる、と悩んだら、

とりあえず探偵事務所に相談するのも手です。

相談が無料のところを選んで、現状を相談してみましょう。

誰にも言えなくても、アドバイスだけでももらえますし、

証拠を集めておいて、のちのちどうするか決めることもできます。

筆者はほんの少しですが探偵事務所に在籍していた経験がありまして

探偵の浮気調査は探偵の仕事の8割を占めるほど多かったと実感しています。

悩める主婦の貴方に、夫が不倫や浮気で怪しい時の、少しでも心を軽くする方法をお伝えします。

スポンサーリンク

夫が不倫と悩んだら探偵へ無料相談してみる

夫の怪しい行動で、浮気かな不倫かなと悩み出すと本当に心が苦しいものです。

そしてなかなか周りに言えない悩みでもあります。

親にも子供にも言えない場合が多いので、孤独になってしまいます。

あまり悩み過ぎると、精神的に参ってしまいますので、相談することをおすすめします。

探偵を考えると思いますが、費用が気になりますよね。

電話でもメールでも無料相談ができる探偵事務所が良いと思います。

(相談するときに聞いておくべきことは次章に。)

↓おすすめです。



筆者が勤めていた探偵事務所ではないのですが、

無料相談できて、ただ会社が大きいとかテレビに出ているなどだけでなく、

千葉県、愛媛県、宮城県の県庁HPに広告が掲載されているほどです。

このように、探偵事務所で悩んだ時には、会社の規模も判断基準の一つになります。

会って相談することになったときは、基本的には探偵事務所で行うことや連絡がすぐにつくかなど、

しっかりした会社かどうか判断してください。

ほかには相談したときに親身になって回答してくれるかということ。

相談員や調査員とウマが合うかも大切です。

そして広告などに「絶対」とか「必ず成功」などと書いてある場合は誇大広告です。

また調査費用が格安でも、調査が中途半端で投げ出されたりする恐れがあります。

そこで、探偵には○○協会、などといくつか団体があり、どこかに所属しているところを選びましょう。

探偵事務所とトラブルがあった時、その協会に問い合わせることができます。

さらに○○協会についてもネットで検索して調べておきましょう。

夫が怪しい 不倫や浮気で悩んだらすべきこと

夫が怪しいと思った時、あなたが感じた違和感や行動をメモしてください。

日にち、時間、曜日、場所を書き込みます。

また、ほかにも物や媒体についても書き留めておきましょう。

車で出かけた、(解かれば)○キロくらい運転してきた、

服を新しくしている、携帯やスマホを浴室まで持ち歩く、メールが来ていたかもなど。

調べたり触ったりしたことがばれると隠される恐れがあります。

まずは、ぱっと感じた範囲で書いていき、よほど夫の警戒が薄れているとき以外に

相手のものを探ることは、あなたに危険があるかもしれないのでやめましょう。

そして探偵へ相談するときは、メモの内容を伝えます。

その上で、浮気・不倫の疑いがあるか客観的なアドバイスをもらいましょう。

スポンサーリンク

そして、これらが証拠になるかどうかについてや、

どんな証拠をもっと集めたら良いかも教わってください。

もし聞けたら、証拠になるものについてはどうして証拠になるのかの根拠も聞いておくと、

今後目をつけるべき点がほかにも思い当たることもあります。

また、費用についても相談しましょう。

決まった曜日だけ出かける、など夫の行動に特徴があると、調査がピンポイントで行えて

費用が抑えられるかもしれないので、抑えることができるかどうかも相談します。

また、「費用はこのくらいの範囲でどんな証拠が掴めるか」と

先にこちらの予算を提示してどこまでやってもらえるかと相談するのも良いでしょう。

相談して回答がもらえたら、そこからはあなた自身の気持ち次第です。

自分で証拠を抑える、探偵にそのまま調査を依頼する。

きちんとした証拠がある場合には、夫と直接話し合うのも良いかもしれませんが、

離婚問題になることもありますので、話し合いは慎重に。

夫の性格を考えて、場合によっては第三者に同席をお願いするのがおすすめです。

不倫の証拠になるものは? 探偵事務所の無料相談を利用させてもらう

不倫の証拠になるかどうかについては、離婚裁判でを提出する際の基準を参考に述べます。

不倫の証拠になるものは、不貞行為に当たるものがそれにあたります。

夫が浮気相手との肉体関係があることを確認できるか、状況からその事実を推測できることが必要になります。

行為の現場はもちろん、ラブホテルから二人が出てきた、などです。

車の中に二人で長時間いる、などの場合、判断に困りますね。

車の中で何をしているのかの写真や動画、音声などが参考になります。

その前に、車を追跡するのが素人には難しい場合が多いですね。

音声を撮る場合、ボイスレコーダーを車に仕掛けておくという手もあります。

最近のものは電池も長持ちしますので、電源を入れたまま

車内の見えないところに挟んでおけば音声は割と簡単に取れたりします。

また、メールのやり取りも、証拠としては写真・動画・音声よりは弱いですが、

肉体関係があったと想像できるような文言があると、状況証拠としては使えます。

ほかに、旦那さんがクレジットカードで支払いをした明細が見られたら、

履歴が証拠に使えることもあります。

第三者の意見、見聞きしたことも証拠になります。

この第三者が友人でもいいし、探偵でも良いのです。

こちらでは一般的な基準を述べましたが、「こんな場合は証拠になるの?」と

探偵事務所にとりあえず相談するのが早いです。

どんな証拠が必要なのか、強いのか弱いのか素人にはわかりづらいですし、

探偵事務所のスタッフは不倫や離婚の相談が多いので法律にも強いです。

何より、必ず専門の弁護士がいますから、自分のパターンがどうなのか確実に教えてもらったほうが良いでしょう。

まとめ

証拠が掴めただけではまだ解決ではないですが、

疑いがはっきりすることで、あなたと旦那様がこれからどうしたいかが見えてくると思います。

疑ってしまう自分を責めないでください。

または、怒り心頭でも、下手な行動にでると事態を悪化させることがありますので、

一旦怒りを置いて、まずは証拠、まずはメモ、と冷静に行動しましょう。

状況がもう少し見えてから考えても遅くはないし、そのほうが解決もしやすいですよ。

少しでも、あなたの心が晴れますように。



スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ