吉野山の桜 駐車場は?アクセスは?まだ桜は見られる時期?

吉野山の桜の時期は県内外からの観光客で大変混雑するので、地元の人はこの時期は近寄るなと言われているほどの賑わいだそうです。
車で行かざるをえない場合は、駐車場事情が気になりますよね。
さらに、吉野山の桜は下千本・中千本・上千本・奥千本とあり、時期によっても見所も違ってきます。
それらを考慮した上で、各所効率の良いアクセスの仕方をお伝えします!

スポンサードリンク

吉野山の桜 駐車場は停められる?

吉野山の駐車場は、県内外からのお花見客で大変混雑するのは予想どおりです。
毎年桜の季節は交通規制がかかり、道路に駐車することはできません。
周辺駐車場の運営時間は朝7時~夕方18時までです。
しかし、9時になるともういっぱいになり、なかなか空きません。

郊外駐車場を利用する人専用のシャトルバスが運行されているのですが、朝8時~17時半となっていて、8時時点でシャトルバスは長蛇の列。
1時間待ちになるほどです。

ほかにも、シャトルバスに乗って奥千本まで見に行き降りて駐車場まで戻ってくる人の行動を考えると、3時間はかかり、休憩を入れて考えると4時間、とするとお昼前後までは戻ってこないことになります。
駐車場に停められた人は8時までに吉野山についている方が多いでしょうから、その人たちの帰りをまって駐車場に停めるのはかなりの根気がいりますね。

朝早く8時までに到着できるのであれば、現地の駐車場に止められる可能性は上がりそうです。

桜に近い駐車場もあるのですが、歩いている観光客が多いのと、同じ考えの車が多いのでのろのろ運転、渋滞になっていて疲れます。
駐車場まで到着するのも、帰り道もなかなか進まないのを覚悟で行く必要があります。

吉野山の桜の効率の良いアクセスは?

駐車場の空きを待つのも時間がもったいないので、
駐車料金がかかっても、吉野駅より何駅か手前で車は駐車してきてしまいましょう。
電車で吉野駅に降り立ち、そこからバスに乗ります。

時期によりますが、そこから目的の桜のところまでバスで向かいます。
このバスも9時を過ぎると行列ができてきますから、早めに現地に到着するつもりで向かってください。

↓バスの時刻表↓ 観桜期の時刻表は下の方です
http://www.yokb315.co.jp/bus_tf.htm

例えば上千本が見頃の時期であれば、「中千本公園」で下車し、バスを降りて階段を登ったところに
奥の千本金峯神社行きのマイクロバスに乗ります。
神社から下りの山道を降りながら上千本を長め、下千本の方面へ向かっていくと、随所で桜を眺めながらケーブルカーの吉野駅まで戻ることができます。
中千本公園からケーブル吉野駅までは途中から歩行者天国になっていてお寺や飲食店、お土産物やさんが並び賑わっています。

歩きながら2時間ほどかかりますが、疲れたら休憩したり、桜を愛でながら観光して飽きずに戻ってきて、電車に乗れます。


スポンサードリンク

吉野山の桜 まだ見られる時期か?

吉野の桜の見頃は、下千本が最も早く、奥千本が最も遅く、のちのちまで楽しめます。
毎年、現在の開花状況は次のURLから見ることができます。
http://www.sakura.yoshino.jp/
下千本は4月に入ったとたん満開を迎えてすぐ終わってしまいます。
中千本~上千本は4月に入って「桜をみようかな」という時期から動き出す人にはピッタリかもしれません。
奥千本は葉桜になるまでゴールデンウイークまで残っていたこともあります。

満開の時期ではなくても、咲きかけも葉桜もそれぞれ楽しめますね♪

まとめ

吉野山の桜は、できれば最初から車でいかないのが一番!ですが、県外から来る場合は仕方ないと思いますので
8時までには現地の駐車場に頑張って来場しましょう。

または最初から数駅手前の駐車場に車をおいて、電車とバスを駆使して現地では楽しみましょう。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ